埼玉県|羽子板の由来について

【無料の企業PR広告】
■該当件数3件 | <前へ | 1 | 2 | 3 |
TOP > 埼玉県 > ファームネット(曽根人形)

羽子板の由来について


羽子板は、女の赤ちゃんの無病息災のお守りとして江戸時代以降、初正月のお祝いとして贈られてきました。室町時代、お正月に年占いとして胡鬼板(こぎいた)で羽根をつき厄除けを祈願した行事が始まりと言われています。江戸時代に入ると、歌舞伎役者を押絵で作り板に貼ったものが流行し、お正月の遊びとして定着しました。
当店の商品は様々なタイプがございますので、お部屋のタイプ、お客様の好みを考慮し、じっくりとお選びください。